ソナタは睡眠・抗不安の作用がある薬   >   安全性の高いソナタ

安全性の高いソナタ

  ソナタが安全性の高い睡眠薬であるイメージ画像

睡眠薬にはさまざまな種類があります。皆さんは、睡眠薬に対して大量に飲むと死んでしまう、危険なイメージを持っている人が多いのではないでしょうか。

しかし今、睡眠薬として処方されることが多いソナタは安全性が高いことで知られています。

なぜ、そう言えるのか知りましょう。

いちばん初めに作られた睡眠薬は、直接脳の機能に作用して鎮静や睡眠の効果を得ることができる仕組みになっていました。

そのため、効果が強すぎて身体への負担も大きいという懸念点もあったのです。

実際に、眠らせる効果がとても高いことが特徴としてあったので、手術のときの麻酔として使われることもありました。

また、耐性がつきやすく依存性も高いという点もあったので長期の服用によって徐々に効き目が悪くなったり、薬を飲むことを止められなくなるというリスクもありました。

しかし、それは初めに多く利用されていたバルビツール酸系の睡眠薬のことを指していて、今では副作用や依存性のことが改良されたものが多く登場しています。

その後はベンゾジアゼピン系、そして非ベンゾジアゼピン系が登場して、いまの睡眠薬で広く利用されているのは、この2種類になります。

ベンゾジアゼピン系の睡眠薬は、高い効果がありながら副作用は比較的抑えることに成功したものです。

命に関わるような副作用を起こすことは、ほぼありません。ただ、耐性や依存性は生じてしまうこともあるので、使用を続ける際には注意が必要となります。

超短時間〜長時間まで作用時間などがそれぞれ異なるので、自分自身にあった種類を選ぶことが大切になります。

特に心配されるのが、眠らせる働きの他に緊張緩和作用として筋肉をゆるめる働きもあったので、その効果によってふらついたり転倒してしまうことがあります。

こうしたふらつきや転倒などの副作用を軽減することに成功したのが、非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬なのです。

副作用を減らすことで、作用は少し弱まるので超短時間型の睡眠薬となります。

その為、高齢者や寝付きが悪いタイプの不眠症の方・初めて睡眠薬を利用する人にオススメなのが非ベンゾジアゼピン系です。

そして、いろいろ非ベンゾジアゼピン系睡眠薬の種類があるなかでも、医療用として広く利用されているのがソナタなのです。

また、鎮静作用が抗不安にもつながるので抗不安剤として利用する人もいます。

危険視されていた睡眠薬の副作用や依存性の改良が重ねられ、その結果使いやすくなった睡眠薬であるソナタは安全性の高い睡眠薬といえるでしょう。

自分自身が使う睡眠薬は、高い効果が良いと言う人もいるかもしれませんが一番大切なのは、高い安全性があるということを改めて認識しておく必要があります。