ソナタは睡眠・抗不安の作用がある薬   >   ソナタの副作用

ソナタの副作用

  めまいを引き起こしているイメージ画像

不眠症や睡眠障害の改善に役立つソナタの有効成分はザレプロンといって、不安や緊張を和らげる作用を持っています。

それは、脳内の神経伝達物質の放出を引き起こすことで得られる作用です。この物質はGABAと呼ばれるもので体内の神経鎮静剤のような働きを持っています。

興奮を抑制し、脳内にかかる負担を和らげ、気持ちを静めてくれるのです。

不眠症を抱えている人は、不安や緊張から上手く寝付けなくなったり眠りが浅かったりしてしまうことが多くの原因になっています。

不安などを気にしないようにしていても、無意識に考えてしまったりして寝付きが悪くなったり、浅い眠りになってしまうこともあるのです。

これが日中の眠気や集中力の低下につながって、日常生活に影響がでてしまいます。そして、それが悩みになる、という悪循環に陥ってしまう危険性もあります。

そうなってしまう前にソナタの働きによって、心身をリラックスさせることで眠気を誘う効果が期待できるのです。

有効成分であるザレプロンのこうした働きによって、眠りにつくまでの時間を短縮することが可能になります。

ザレプロンは即効性がある成分で知られていて、切れも早いので自然な入眠とスッキリした朝の目覚めが特徴とされています。

今では、副作用があらわれにくいように改善したソナタジェネリックが通販サイトで販売もされています。日本でも個人輸入代行通販サイトで、購入が可能です。

海外では、鎮静剤や睡眠薬の有効成分として広く利用されていて、ソナタジェネリックを抗不安剤として利用している人も多くいます。

ただしその場合、絶対してはいけないのが、運転前などに服用することです。抗不安剤としても利用できますが、気持ちを落ち着かせて睡眠しやすい状態に導いてくれる薬であることに変わりはありません。

服用後30分前後で効果があらわれてくるので、就寝前に飲むようにしましょう。